セッション

ICTがクールな農業を創造する

農業技術インターネット

ICT(情報通信技術を活用して農地環境モニタリング,農作業履歴の収集・管理、作物の生育・品質評価、農業におけるSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)利用などを行えるシステムの開発を進めています。このようなシステムが簡単に利用できるようになれば、もっとクールな農業が実現できるのではないかと考えています。例えば、天候や市況などに影響されにくい農業の仕組みを追究したり、農家とわれわれ消費者が自由に交流できる新たなコミュニティースペースを創ったりするなど、農業をもっと身近な産業にしたいと思っています。このイベントでは、そのような未来志向の農業の取り組みについて紹介させていただきます。

 

登壇者

Future Sync スタッフより

九州大学の岡安崇史さんが登壇!
今流行りのIT農業。こんなに流行る以前から、もっと「クールな農業」を目指し、農作業履歴の収集や管理、作物の生育、品質評価、SNS利用などのシステムの開発を推進。
農地の環境モニタリングや農家との関係などについてもお話頂く予定です。