登壇者

Tokyo Graphic Recorder 清水淳子

デザインビジネスクリエイティブグラフィックファシリテーション

清水淳子

1986年生まれ、多摩美術大学情報デザイン学科卒業後、ウェブデザイナーとして3年勤務、その間no problemの無料広告学校にてブランドと生活者をつなぐためのストラテジー構築とクリエーティブを1年修業。 その後、WATER DESIGNにて既存の枠を超えた事業や商品流通を生むプロジェクトに携わる一方で、Tokyo Graphic Recorderの活動を開始。 テレビ、新聞、ウェブメディアなどにコンテンツを提供しつつ、デザインと経営戦略の連携を企業や教育機関と研究。現在Yahoo!JAPANのUXストラテジストとして、ビジネス×テクノロジー×デザインで生み出す次世代クリエイティブに挑戦しながら、ビジネスにおけるビジュアライズコミュニケーションを研究中。

Future Sync staffより
私が初めて清水さんのグラフィックレコーディングを見たのは、2011年9月。とあるイベントのメモとして公開されたそのグラフィックは、登壇者の発言をまとめただけでなく、イベントに参加した空気感というのをとてもよく捉えていて、その場で感じた感情を記憶から呼び起された感覚が衝撃でした。その後もグラフィックファシリテーションに関するオンライン講座やTV・イベントなどでグラフィックレコーディングを行い、多くが公開されていますので、ぜひ見て、感じてほしい!福岡での講演は貴重な機会ですので、グラフィックに関心のある方、使ってみようと考えている方は迷わず来るべし!