セッション

議論の可視化が生み出す効果 by Tokyo Graphic Recorder 清水淳子

デザインビジネスクリエイティブグラフィックファシリテーション

はじめまして、清水淳子と申します。普段はYahoo!JAPANのUXデザイナーとして、様々なプロジェクトのデザインをしています。個人活動として、TokyoGraphicRecorderというメディアを運営しながら、「議論の可視化」を様々な場所で行っております。

「グラフィック・レコーディング」は、議論をビジュアルで可視化し、共有する手法です。(参考:http://tokyo-graphic-recorder.com)その目的のひとつは「限られた時間での議論をより良い結果」に導くことです。曖昧で答えが出にくい議論も、ビジュアル化し進めると、メンバー全員の思考が明確になり、新たな問題や解決策が浮かび上がる確率が高まります。グラフィックレコードの使用シーンは、簡単な打ち合わせから、固い社会的議論がなされるイベント、経営戦略会議、はたまたパーティまで。会話が生まれる場所ならば、何処でも使用可能です。

「グラフィック・レコーディング」は、絵が苦手だと出来ないと思われることが多いですが、そんなことはありません。漢字やひらがなのように覚えれば誰でも使える言語と同じで、グラフィックも一定のルールを覚えてしまえば誰でも使用可能な言語のひとつです。

今回、「議論の可視化が生み出す効果」と題しまして、「議論の可視化」が生み出す効果や、簡単な打ち合わせでグラフィックレコーディングを取り入れてみる流れをお伝えしたいと思います。

≫ 続きを読む

脳がシビれる心理学 by 妹尾武治

心理学

心理学の面白い実験の紹介を行う。発表者の近著『脳がシビれる心理学』から抜粋した世にも奇妙な心の科学実験を平易な言葉でわかりやすく紹介したい。ビジネスや恋愛にも活用可能なノウハウを是非おぼえて帰って頂きたい!

●女性は父親と似た人と結婚する?
●合コンは赤い服で勝負する?
●成績を簡単にアップする方法がある?
●名刺は厚くて重いほうがいい?

世の中にはまだまだいっぱいの謎ばかり。
プロレスマニアでもある新進気鋭の心理学者が世界最新の科学論文をもとに
脳科学、心理学、行動科学の世にも奇妙な不思議を解き明かす。
ココロの新常識ここにあり!

≫ 続きを読む

ひとつのレースが「宇宙に挑戦する者はいないか」と言った。 by HAKUTO

宇宙

ひとつのレースが「宇宙に挑戦する者はいないか」と言った。
このチャンスに僕たちは、あることを証明することにした。
仲間を集めて、みんなで努力して、アイデアを出し合う。
たったこれだけで、宇宙は手の届く存在になるということを。

信じてもらえるかはわからない。
だから言葉ではなく行動で見せる。

夢が夢でなくなる様子を届けることが、
HAKUTOのミッションなのだ。

≫ 続きを読む

ウェアラブルからシンギュラリティへ by 塚本昌彦

IoTウェアラブルハードウェアインターネット

ウェアラブルが急にブームになっている。本講演ではウェアラブルの現状から今後の展開について述べる。「人工知能が人間を超える」というシンギュラリティは2045年といわれている。このシンギュラリティの定義は世界的に見て間違えているの修正した後、ウェアラブルからシンギュラリティにいたるシナリオを述べる。ウェアラブルとシンギュラリティは密接につながっており、人工知能よりもウェアラブルを進めていくことが人類にとって重要であることを主張する。

≫ 続きを読む

Web屋という仕事のこれから 〜Web動向からWeb屋に必要な技術を考えてみる〜 by 村岡正和

インターネット

Webコンテンツ制作においてHTML5がすっかり浸透し、それ自体がすっかり珍しいものではなくなった一方でモバイルファースト、Webページのアプリケーション化など気づいてみれば制作のニーズは数年前と比べて大きく変わっています。そんな中で仕事をしているWebクリエイターも気づけば数年前とはまったく違うスキルセットになっている。そんな人も多いんじゃないでしょうか。

このセッションでは、まだこれから変化していくWeb技術動向の少し先を紹介し、そこから発生するニーズから、これからのWebクリエイターに必要とされる技術を考えてみたいと思います。もしかすると、1年後には今とはまったく違う内容の仕事をやってるかもしれませんね。

≫ 続きを読む

Blockchain 〜ビットコインを支える技術〜の現在と未来 by 栗元憲一

インターネット

日本では、Mt.Gox事件以降ビットコインが話題にのぼる事が少なくなりました。しかし世界では2014年で300億円程のビットコイン関連ベンチャー企業への投資が行われ、2015年には一社で名門VCから120億円の投資を受ける企業が登場する等、期待が加熱しています。
ビットコインへの期待は単なる通貨の代用だけではなく、Blockchainと呼ばれるアルゴリズムの応用にあると言われています。
この講演では、Blockchainのアルゴリズムを簡単に説明し、何が革新的でどのような応用が期待されているのかを説明します。これまでに無い分散処理技術であるblockchainによってもたらされる新しい世界の可能性を感じてもらえればと思っています。
また、ビットコインは現在の法律では取り扱うことができず、現在、立法に向けた動きが盛んです。賛否両論、様々な議論が巻き起こっているビットコインについてどのような状況なのか把握し、自ら正しい情報を取捨選択できるようになることを目標に説明します。

≫ 続きを読む

幸せのデザインvol2-社会のstockとflowを考える by 定村俊満

デザイン

あなたのデザインは人を幸せにしていますか?あなたのデザインは社会に蓄積されていますか?
日々の仕事の中でつい流されてしまうデザインの本来の価値、毎日の生活のなかで見失ってしまった大切な志をもう一度見つめ直してみます。

≫ 続きを読む

笑われる未来 〜未来の目線に立つ〜 by 松岡謙治

時代を変える技術はいつも笑われてきました。今までに笑われてきたこと、笑われる技術の特徴、時代が変わる瞬間、その後起きたことを思い返し、これから起きる未来を予測します。

≫ 続きを読む

拡張される音楽。社会と交わる音楽。 by 高橋英明

音楽

音楽の歴史は常に楽器やテクノロジーの発展と並走してきた歴史でもあるのですが、 特にここ近年音楽を取り巻く環境が、音楽を音楽の世界の中だけに閉じ込めず、 どんどん拡張されてきています。

そういった拡張された音楽が他の表現方法と結びつく境界線上でどんなことが 行われているのか。またそれがどう社会と関わっていけるのか。 これまで発表された自作品や、また近年、深く関わっているチームラボのアート作品 などについてのお話を交えつつ、これからの音楽の可能性についてともに探っていけたらと思っています。

≫ 続きを読む

駆け出しの海外セールス担当が語る、海外ビジネスのあり方 by 松下由香

ビジネス

事務員で採用されたのに、ある日突然海外セールス担当と言い渡され、手探りしながら海外を飛び回り、 見えてきた、海外ビジネスのあり方をお話しします。

海外から見る日本のビジネスパーソンとは?
英語ができれば、海外ビジネスはできるのか?
海外展開において、日本に足りていないものとは?

アメリカ育ちで培ったオープンな性格を活かし、短い経歴ながら各国のビジネスパーソンたちから聞いた、 日本に対する率直な意見を交え、お話しします。
海外と仕事がしたい、進出したい、とりあえず行ってみたい、そんな海外ビジネスに興味のある方々へ、 私の経験が少しでもお役に立てればと思います。

≫ 続きを読む

MEINE MÄNNER WELTEN 我が美少年世界 by 大串祥子

写真

ジャングルを舞う蝶
絶壁に咲く花

イギリスの名門パブリックスクールイートン校
ドイツ連邦軍の兵役
コロンビア軍麻薬撲滅部隊
近代五種
嵩山少林寺。

秩序、階級、ルール、制服、不条理。
非合理性の城壁に守られた秘密の花園でのみ観測される男性たちの素顔。
たまゆら真夏の正午、一瞬の中に存在する永遠を求めて、
純粋な女の好奇心は何に突き動かされ、何を見たのか?

美がくれたもの。美のために失ったもの。
写真集『美少年論』を上梓した写真家・大串祥子が半生を語ります。

≫ 続きを読む

ICTで農業をもっと面白くしたい! by 岡安崇史

ハードウェアインターネット農業

農業は我々人間の生命維持に欠かすことのできない食料を生産・供給する産業である.それにもかかわらず,その実態は我々消費者には未知な部分も多い.このような状況を少しでも変えるべく,最近では新しい農業の取組が全国的に進められている.これらの取組には,従来の農業に対する負のイメージはもはや感じられない.本講演では,ICTによって変わる農業のしくみを紹介させていただく.

≫ 続きを読む

複雑に絡み合ったユーザーの思いを「ともにデザイン」するインクルーシブデザイン by 平井康之

デザイン

インクルーシブデザインは、社会の多様なデザインパートナーの「ために」ではなく、「ともにデザイン(CO-DESIGN)」を行っていくデザインのことです。昨年の「日経デザイン」11月号でデザイン思考特集があり、九州大学で取り組んでいるインクルーシブデザインの「こどもXくすりXデザイン」プロジェクトが取り上げられました。これまで何かとインクルーシブデザインは、ユニバーサルデザインと比較されることが多かったですが、最近ではソーシャルイノベーションとして、デザイン思考と合わせて論じられることが増えてきました。そのあたりの国内、海外の実例を交えながら具体的にお話しします。

≫ 続きを読む

世の中をザワつかせる方法 by 眞鍋海里

映像インターネットアイデア

「広告は邪魔モノである」・・・そんな時代にどうやって企業は生活者と
コミュニケーションをしていくか?
それにはひとえに”広告をつくらない”ということ!
このセッションでは、Web動画「雪道コワイ」をはじめ、
僕が過去に手がけたお仕事をご紹介しながら、
世の中をザワつかせるためのアイデアの作り方をお教えします!

≫ 続きを読む

病気を調べて闘う 〜これからの医療技術〜 by 山本竜広

医療

我々は、自身や家族を含め、病気と関わらずにその一生を終えることはまず出来ません。
本セッションでは、我々の誰もが避けて通ることのできない、がんなどの病気について、基本的なことから最近の話題まで、特に「調べる」という観点から幅広くご紹介します。そして、これからの医療技術について、皆さんと一緒に考えるきっかけを作っていけたらと思います。

≫ 続きを読む

UXのデザインはどうすれば上手くなるのか by UX Fukuoka 吉川伸彦

デザイン

UX(ユーザーエクスペリエンス)のデザインとは、製品やシステム、サービスを使うことでもたらされるユーザーの体験を設計することとされています。 いまから3年ほど前に「UX」というキーワードが話題となり、デザイナー以外にも多くの人々が注目しましたが、その頃の異常なもりあがりはすでに落ち着き「新たな可能性」を感じている人はあまりいないのかもしれません。 とはいえ、きちんと理解して実践されているとは言い難いのではないでしょうか。UXに関する情報は書籍やネットでも手に入りますが、肝心なところがわからず難しいと感じていたり、考えることが多すぎて何からやればいいのかわからない、仕事ではなかなかやれない、というのが実状なのではないかと感じています。 そこで、UXについての振り返りと、その考え方を取り入れるために必要なことと、問題点をこれまでの活動を踏まえお話しします

≫ 続きを読む

映像屋プログラマーのお仕事「コーディング、だけじゃない!」 by 吉田真也

映像

クリエイティブ業界においてプログラマーが生み出す価値とは何でしょうか。
便利ツールの開発?単純作業の自動化?
作業を効率化して、クリエイティブに使う時間を増やすことは大切です。
でも、それだけでしょうか?
このセッションでは、私の普段のお仕事を紹介しながら プログラマーに作ることができるプラスの価値について考る場にできればと思います。

≫ 続きを読む

古地図で見る福岡市の歴史と街並み by Y氏は暇人(山田孝之)

地域街歩き

現在の福岡市は博多を中心として古くから海外との交易を行う町としてにぎわい、江戸時代には黒田氏によって福岡城が作られ、城を中心に城下町として栄えてきました。その間、町の概要を把握するため、防衛のため、交易のためなど、様々な目的で地図が作成されてきました。現在の街並みとそれらの古地図を比較すると、なぜそのようになっているのか、どういう目的があってそのような立地になっているのかということが見えてきます。講演では歴史に詳しくない人でもわかる古地図の楽しみ方を紹介します。古地図を見ることで普段気にも留めていなかったありふれた町が発見の場に変わります。

≫ 続きを読む

ごちゃまぜクリエイティブ〜船頭多くして船山にのぼれ!〜 by anno lab 岩谷成晃

クリエイティブ

学術研究員、アニメーション作家、ゲーム開発者、広告代理店勤務の経歴を持つ4人で設立し、ひとりFabLabやってた人とFabLabアムステルダムに留学してた人とを加え、さらに多種多様になったanno lab。
経歴も趣味趣向もバラバラなメンバーに共通点はあるのか?多種多様であることのメリットとデメリットは何か?そもそもそこで何が起こっているのか?これからどこへ向かうのか?
自由奔放なこのメンバーたちの中で比較的冷静な目線を持っていると自称する登壇者が、その秘訣に(あれば)迫ります。

≫ 続きを読む

「体験」をスケッチする by 金箱淳一

デザイン音楽ハードウェア

スケッチは普段、人物や風景などを描写することを指しますが、このセッションでは「体験」をどのようにスケッチするかについてお話したいと思います。楽器と人間の関係性について着目した研究を紹介しつつ「きくこと・ふれること・つくってみること」の楽しさを共有します。

≫ 続きを読む