セッション

古地図で見る福岡市の歴史と街並み by Y氏は暇人(山田孝之)

地域街歩き

現在の福岡市は博多を中心として古くから海外との交易を行う町としてにぎわい、江戸時代には黒田氏によって福岡城が作られ、城を中心に城下町として栄えてきました。その間、町の概要を把握するため、防衛のため、交易のためなど、様々な目的で地図が作成されてきました。現在の街並みとそれらの古地図を比較すると、なぜそのようになっているのか、どういう目的があってそのような立地になっているのかということが見えてきます。講演では歴史に詳しくない人でもわかる古地図の楽しみ方を紹介します。古地図を見ることで普段気にも留めていなかったありふれた町が発見の場に変わります。

登壇者

Future Sync staffより
「舞鶴公園と天神中央公園を結ぶ謎の建造物とは?!」「天神で化石発見?!」「福岡の謎のマンホール?!」身近の風景の中にある、何だろうを追跡していくブログで有名なY氏が登壇!
Future Sync staffより
普段何気ない風景、そこにも長年の歴史の跡が隠されている。福岡の知らなかった秘密を紐解く。