セッション

UXのデザインはどうすれば上手くなるのか by UX Fukuoka 吉川伸彦

デザイン

UX(ユーザーエクスペリエンス)のデザインとは、製品やシステム、サービスを使うことでもたらされるユーザーの体験を設計することとされています。 いまから3年ほど前に「UX」というキーワードが話題となり、デザイナー以外にも多くの人々が注目しましたが、その頃の異常なもりあがりはすでに落ち着き「新たな可能性」を感じている人はあまりいないのかもしれません。 とはいえ、きちんと理解して実践されているとは言い難いのではないでしょうか。UXに関する情報は書籍やネットでも手に入りますが、肝心なところがわからず難しいと感じていたり、考えることが多すぎて何からやればいいのかわからない、仕事ではなかなかやれない、というのが実状なのではないかと感じています。 そこで、UXについての振り返りと、その考え方を取り入れるために必要なことと、問題点をこれまでの活動を踏まえお話しします

登壇者

Future Sync staffより
あまりにもユーザーの立場を無視した中で設計される国産サービスたち、一時的に広まってもUXをきちんと考えた海外産のサービスに一蹴される歴史をこれ以上繰り返していいだろうか。サービスは会議室で使われるんじゃない。現場で使われるんだ。
Future Sync staffより
最近よく耳にする『UXデザイン』。一般的なUXデザインのイメージは、「なんか使いやすくするやつ」「付箋貼りまくってワークショップするやつ」など... 非常に曖昧で断片的なものです。 そこで、UXデザインに興味はあるけどいまいち理解できていない方々に向けて、福岡でUXデザインや人間中心設計に関する様々な勉強会やワークショップを数多く開催し研究を重ねているコミュニティ『UXFukuoka』の吉川 伸彦 氏にご登壇をお願いいたしました。 UXデザインの概要やコミュニティで実践された内容など、効果や価値などについても知ることが出来るチャンスです!