セッション

ひとつのレースが「宇宙に挑戦する者はいないか」と言った。 by HAKUTO

宇宙

ひとつのレースが「宇宙に挑戦する者はいないか」と言った。
このチャンスに僕たちは、あることを証明することにした。
仲間を集めて、みんなで努力して、アイデアを出し合う。
たったこれだけで、宇宙は手の届く存在になるということを。

信じてもらえるかはわからない。
だから言葉ではなく行動で見せる。

夢が夢でなくなる様子を届けることが、
HAKUTOのミッションなのだ。

登壇者

Future Sync staffより
Future Sync に「あの」チームハクト様が!!!
宇宙というのはとにかくヤバイことで有名ですが、そこに何と民間で挑み、2016年までにロボットによる月面着陸を目指しているものすごい団体です!
Googleがスポンサーする宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に日本から唯一参戦されています。
月に降り立つべく開発中の、最新のローバーが実際に見られるかも…!?
Future Sync staffより
民間組織で月面探査を目指すチームハクトが福岡に!Google Lunar XPRIZEの中間賞を受賞し、2016年後半の打ち上げに向けて準備を進めている最中での登壇です。
最近では、「エヴァンゲリオン20周年 ロンギヌスの槍を月に刺す」という企画でクラウドファンディングを行い、多くの資金を集め注目を浴びました。宇宙好きはマストです!