セッション(17:00~17:45)

議論の可視化が生み出す効果 by Tokyo Graphic Recorder 清水淳子

デザインビジネスクリエイティブグラフィックファシリテーション

はじめまして、清水淳子と申します。普段はYahoo!JAPANのUXデザイナーとして、様々なプロジェクトのデザインをしています。個人活動として、TokyoGraphicRecorderというメディアを運営しながら、「議論の可視化」を様々な場所で行っております。

「グラフィック・レコーディング」は、議論をビジュアルで可視化し、共有する手法です。(参考:http://tokyo-graphic-recorder.com)その目的のひとつは「限られた時間での議論をより良い結果」に導くことです。曖昧で答えが出にくい議論も、ビジュアル化し進めると、メンバー全員の思考が明確になり、新たな問題や解決策が浮かび上がる確率が高まります。グラフィックレコードの使用シーンは、簡単な打ち合わせから、固い社会的議論がなされるイベント、経営戦略会議、はたまたパーティまで。会話が生まれる場所ならば、何処でも使用可能です。

「グラフィック・レコーディング」は、絵が苦手だと出来ないと思われることが多いですが、そんなことはありません。漢字やひらがなのように覚えれば誰でも使える言語と同じで、グラフィックも一定のルールを覚えてしまえば誰でも使用可能な言語のひとつです。

今回、「議論の可視化が生み出す効果」と題しまして、「議論の可視化」が生み出す効果や、簡単な打ち合わせでグラフィックレコーディングを取り入れてみる流れをお伝えしたいと思います。

≫ 続きを読む

Web屋という仕事のこれから 〜Web動向からWeb屋に必要な技術を考えてみる〜 by 村岡正和

インターネット

Webコンテンツ制作においてHTML5がすっかり浸透し、それ自体がすっかり珍しいものではなくなった一方でモバイルファースト、Webページのアプリケーション化など気づいてみれば制作のニーズは数年前と比べて大きく変わっています。そんな中で仕事をしているWebクリエイターも気づけば数年前とはまったく違うスキルセットになっている。そんな人も多いんじゃないでしょうか。

このセッションでは、まだこれから変化していくWeb技術動向の少し先を紹介し、そこから発生するニーズから、これからのWebクリエイターに必要とされる技術を考えてみたいと思います。もしかすると、1年後には今とはまったく違う内容の仕事をやってるかもしれませんね。

≫ 続きを読む

拡張される音楽。社会と交わる音楽。 by 高橋英明

音楽

音楽の歴史は常に楽器やテクノロジーの発展と並走してきた歴史でもあるのですが、 特にここ近年音楽を取り巻く環境が、音楽を音楽の世界の中だけに閉じ込めず、 どんどん拡張されてきています。

そういった拡張された音楽が他の表現方法と結びつく境界線上でどんなことが 行われているのか。またそれがどう社会と関わっていけるのか。 これまで発表された自作品や、また近年、深く関わっているチームラボのアート作品 などについてのお話を交えつつ、これからの音楽の可能性についてともに探っていけたらと思っています。

≫ 続きを読む

世の中をザワつかせる方法 by 眞鍋海里

映像インターネットアイデア

「広告は邪魔モノである」・・・そんな時代にどうやって企業は生活者と
コミュニケーションをしていくか?
それにはひとえに”広告をつくらない”ということ!
このセッションでは、Web動画「雪道コワイ」をはじめ、
僕が過去に手がけたお仕事をご紹介しながら、
世の中をザワつかせるためのアイデアの作り方をお教えします!

≫ 続きを読む